みちくさ

瓢箪から駒

天の川
天の川
七夕、笹の短冊に願いを込めて書きしるし7月7日の夜空の星に叶えて貰う風習が日本でも盛んに年中行事になっています。特に商店街やスーパーの店内等で短冊に願いを込め書き記している。笹に七つの七夕飾り、短冊(願い事だけでなく、詩歌を書いて学業や芸事の上達を祈願)、吹き流し(織女の織り糸を表す)、網飾り(豊作や豊漁を祈願捕える投網を表す)、千羽鶴(家族の健康を願う長寿)、巾着(金運の向上を願う)、紙衣(紙の着物は災いを人形に映す意味と裁縫の上達を願う)、屑籠(飾って出る紙くずをいれる物を粗末にしない心の表れ)。
七夕とは中国語であり、日本では棚機(たなばた)をそのまま七夕の訓としたものである。七夕に出て来る牽牛と織女の二星の伝説である。
中国の天の川は、中国河川は、いずれも西から東へ流れており、此の銀河も川に見立てた訳だが天の川と同じ方向に向いているのは漢水だけであるところから“天の川”を“天漢” “星漢”とも言った。この天漢をへだてた二つの星についてか『詩経』の中に、すでにそれらしき詩があるが、普代(三、四世紀)にでた『荊楚歳時記』には、“七月七日は牽牛と織女とが逢う夜である”と載っている。星と星とが相好に宇宙の原則から引き合う象徴している説もあるが、農事の都合上、注意をもって見守る牽牛星鷲座の農神の星である。日本では彦星と天漢をへだてたところにある大きな輝く星琴座日本では織機星も当然。目についたであろう。ところが此の二星が、際立って接近したと見える時期が年に一回ある。それが七月の始めであった。

瓢箪から駒と言うのは、漢の頃、ある町に茗武丁という仙術を学んだ男がいた。七月初めの星のきれいな夜、空を仰いでいた武丁は、かたわらの幼い弟に向かって、たわむれに言った。“此の七日の夜織女星は銀河を渡るのだよ”といい、弟はそれを真に受けて“何故渡るの”と尋ね為、武丁は口からでまかせに“それは牽牛星に遭う為にさ”と答えたのが“瓢箪から駒が出て”一般に広まってしまった。又カササギが橋を造るというのは、中国にはこの時期カササギが多く観られることから丁度カササギの群れが橋を架けるような形で群れをなして飛んでいるところから此の橋架けの説が生まれたようである。さらに七月七日に決ったのは、陰陽五行説に基く、陽の数が重なった日である七月七日に互いに強く慕いあう二星が其の日だけ目的を果たすという説と、乞巧典(女子が裁縫や手芸の上達を願うという上代行われていた風習)とが結びつき願いが叶えられるという意味で二星を祀り、裁縫や手芸の上達を祈ると言う行事が本格化した。其の頃は夜空もきれいな事から農作業も暇な時期で人間が思い考えるに好都合であったという事です。
【Mitikusa007=池田輝雄(洲本市)】
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

伝統文化は親の躾

鳥飼八幡宮通り門
鳥飼八幡宮通り門
家の神棚は五社、中央に天照大皇神、両脇に稲倉塊命、植安姫命、少彦名命、大己名命を神事し、仏壇には聖徳太子公(弘法太子)、十三佛観音真言、不動明王を慈愛する。御食・御酒・乾物や果物を供え、神棚に榊、仏壇に花を供える。
よそ様の家では、三社、八社、仏壇とそれぞれの特徴がありますが大体、『味地草』の地域では天照大神と弘法太子を神事・慈悲の心でお祀りしています。日本文化は色々ですが明治の文明開化から今日まで、戦後の高度成長期を境に色で言うと黒、グレーの社会から黄、ピンクに青、白と日本経済は大転身を遂げてきました。文化とは、継承するものであって、あれやこれやの考えから成長して、文化と言ってもいろいろ在りで多方面にあります。
今日の一般家庭では、戦後の混乱期から経済成長と共に物が溢れだし、最近ではごみを吐き出し物を捨てるに至り、父親の存在も薄れ、サラリーマン生活を離職し狭い部屋でな~んじゃせんとゴロゴロ寝てテレビバ~観て、ジムでも行って運動しナ、もうチョットましな事出来らんか~言うてさやかましいこっちゃで、僅かな年金を頼りの楽しみから吐き出されゴミ箱へ、まだまだ働け言うとる時代、世の為、人の為言うたって難しい時代になってきました。
物と共にこころのマイナスが生じ、文化生活の捨ててはならないものまで捨てるようになってきました。
現在の一般家庭を覗いて観ても解るように父親は子供の面倒身をしたいと思っても子供は学業、親は仕事の忙しさから良き友でありたいと願っても、親の役割は殆どしていないのが実情の様で、親が親としてのふるまう仕方が忘れ去られてしまったようである。母親はお腹を痛めた分身の様であるから子供は一番近くにいる事から若干母親に子供は魅かれているようである。
躾とは、本来物事の道理をわきまえさせ、美醜善悪の区別を子供の行動の中に教えて行くものである。其処には物の大切さや物事や他人を愛する心が深く根ざしている筈です。

此れは知識の集積では絶対にうるう事の出来ない人間の生き方である。知識は躾とは違い別物であって、躾とは知恵である。人の生命力に、長い歴史の中で創造してきた知恵を与えていく事は子供の為の社会的財産の文化継承である。しかし、そういちがいに簡単なものではない。いろいろと身に付いた知識も修正したり真似たりする困難が伴うものである。
文化継承で時代に応じ、あれやこれやで捨て去り乗り換える事も生じますがそのような転身は何処かで破綻が生じるという事を身をもって感じる事。はやい話では躾なのです。伝統文化は家風に基づく躾がありましたが、家父長制の崩壊とともに躾も崩壊してしまいました。
田植え2
生田地区の田植え
神事には必ず神饌として酒が供えられる。祝詞の中でも「御食、御酒、御餅を始め、種々の物を捧げて……」と奏され、飯・酒・餅は最上位に扱われ、ことに酒は「正中」といって最上段の中心に据えられ、その両脇に飯・餅が置かれるのである。この酒は、米で造る点で飯と餅と共通したもので、酒は米を醗酵させて半液状或いは液状にしたもので、餅は米を蒸して搗き丸めて造形したものである。こうした神に捧げ味わってもらった神饌を賜って神人共食するのが直会である。従って、酒は元々日常飲むものではく、神事の時か何等かの意味で神祭りの日である年中行事のときのみに飲むものであった。我が国では、古くから神事に際して造る酒は、神事の前夜に一夜で造る「一夜酒」であった。神に仕える女性が米を口に含んで噛み、唾液中の酵母で醗酵させる口噛酒即ち唾液酒であった。
醸すは醸む転化であり、今日、女性のことを「かみさん」というのも酒を醸す人ということから生まれた言葉である。
記紀には天甜酒(あまのたむさけ)や八酒(やしおりのさけ)というのが良く出てきます。この天甜酒は甘味のある酒で一夜酒の甘酒であったらしい。八酒は「醞る」即ち搾った酒で、甘酒状のものを搾って粕を取り除き、それに飯や粥などを加えて再醗酵させて強くした強酒であった。八の八とは、反復という意味で、何回も反復醗酵させた酒であります。
【Mitikusa007=池田輝雄(洲本市)】

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

境寺のツツジ

境寺

堺寺(境寺)
洲本市五色町下堺に敬向山堺(境)寺。淡路島は二郡津名と三原の二郡からなり洲本、鳥飼川が近くに流れその郡境からその川にかかる橋は両郡橋と言う。西国三十三か所霊場第十七番札所となり、本尊は千手千眼観音菩薩。本尊の前に2本の松が見事に育つ千手ノ松。此の仏の縁起は大和朝廷時代の推古天皇三年春の事。南方海上に光を放つ木があり拾い上げるとインドの香木だった。天皇はさっそく百済の仏彫刻師に命じて此の香木を彫らせたのが此の本尊となり、像は聖徳太子の創建と伝えられる奈良県・比蘇寺に安置されていましたがいつの頃か境寺に迎えられた。淡路郷土は日本最古の観音さまと伝えています。
安土桃山時代の天正には、平成市町村合併前の三原町にありました志知城の城主である加藤嘉明の奥方が此の寺を参拝し、その時に奥方は、女の魂とも言える鏡一面を寄進している。大きさ直径15㎝で柄もついている。裏面には論語からとったものと思われる「整・衣・冠・尊・騰・視」の文字が見える。
千本松
千手ノ松
山門にツツジの花が彩り、県道から見上げるとサツキにツツジが目立っています。
ツツジとサツキはどう違うのかと聞かれるがはっきりいって近くまで行って花を見ないと解りません。サツキと言う種類はあるがツツジと言う種類はないです。クルメツツジとサツキはどう違うのかと言う事らしい。どちらも小さく葉が茂り常緑葉で良く似ています。花弁を見れば誰もが花時で解る。ツツジは桜が満開時頃に咲く花時(落葉樹)小枝や葉に粘り気がある。サツキは葉の表面に照があり六月初句頃の花時となる。旧暦の五月に咲くのでサツキと言う事です。近頃は、促成栽培されて新暦五月に鉢仕立てのものが出回る事が多い。又シャクナゲとサツキを間違い近くへ行って観ると遠目ではシャクナゲ近くではサツキである。シャクナゲ(4月~6月)常緑樹の花は丸くサツキ(5月~7月)常緑樹はツツジと似て小枝が多いです。5月~7月気候が良く樹高は大きく育ちサツキの高木は観る事はないが樹木の育ちが良いと解りません。
高原に多い大輪の落葉性ツツジであるレンゲツツジは、野生地によって花の色の変異が多く、九州には貴花が多いが北へ行くほどに樺色、ピンク、赤と変化する。
ツツジ類は酸性土が大好きな植物である為、アルカリ性の石灰や草木灰を撒くと育ちが悪くなる。又、花後伸びる新芽の頂部に七―八月に花芽を作る為、七月以降刈り込むと花がつかなくなってしまうので、刈込は花後すぐに行うようにしたい。
【Mitikusa007=池田輝雄(洲本市)】

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

柳は緑、花は紅

さくら
輸鶴羽ダムの桜
あるがままで人の手が加わっていない美しい自然のこと。桜の咲く頃に日本人が生み出した言葉に「花散らしの雨」又は風が吹き「花散らしの風」と言う。桜の花が落ちるのを散ると表現し、此れに対して梅の花が落ちる場合はこぼれると言う。花を愛する日本人、花はすべて落ちるとは考えなかった。花の種類によって微妙に表現を変えて詩や文学に登場する。春の暖かくなった桜の咲く時期に花冷えとなる突然冬のような風が吹き寒の戻りがあり、昨年の雨の多い事から天候不順に見合う。そのせいか今年の桜の開花時期が1週間ほどずれ込んでいます。

自然環境も良くなり公衆衛生や食糧、エネルギー確保し、生活環境の質が向上し、日本の平均寿命も延び今や90歳となり、これ以上の長生きは大往生となりました。
学業の20歳代はなんでもやれる好奇心旺盛で挑戦ができます。「瑠璃も玻璃も照らせば光る」違った体質を持ち、違った環境にいても、優れた素質を持つ者は、何処にいても光を当てれば光り輝くものだと言うこと。瑠璃とは古いガラスの事で青色の光る宝石で七宝にも使われている。玻璃も同様で七宝の一つで水晶のこと。ダイヤモンドも磨かなければ光らない、原石は美しい物ではない。磨き上げてこそ美しい光を放つのである。才能を秘めているだけでは目立たない存在となり、自分で才能を磨く努力をしなければならないと親は物心が解る時期に教えたものである。
うかうか30歳、きょろきょろ40歳、30歳代は、仕事をしっかりするでもなく過ごし、40歳になって慌てて真剣になると言うこと。「うかうか」は、不注意なさまで警戒を要してないさまのことで、迂闊な事や気づかないでいる事、目的がはっきりと決まっていないでのんびりと過ごしている事を言う。「きょろきょろ」は、眼をあちこち動かして眺めている事で落ち着きのない様子で身の周りをただ見渡しているさまの事です。
40歳、50歳は、鼻垂れ小僧、男は本当に仕事をするのは、若い時ではなくて、年を取ってからであると言う事。40歳や50歳になって、もう年を取ってしまったと嘆く中高年に対して、ふざけたことをぬかすなと主に年配者が元気づける時に使う言葉で40歳、50歳は鼻垂れ小僧、男盛りは真八十だろうと言う。
60歳の手習いといいますが60歳で習字を習い始める事を言う。別に60歳とも限らないが要は年を取ってから学問を始める事を言う。出来るだけ早い時期からの方がよろしいが晩学のすすめである。
70歳になってくると蓄えた知的や欲望は自らの身から説きはなれ愉しみへ味わいを嗜む時期でもあり、まっすぐ走り続けることからみちくさの願望があり止まること忘れ直ぐなこころを磨き続けるのが本物でまともな人生観を味わうのでは思うのですが。さあ~て、「明日は明日の風が吹く」明日の事は、明日がこんことには解らんでの~?
【Mitikusa007=池田輝雄(洲本市)】

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

雛祭り


ひなまつり
ひな祭り
三月三日に女の子が住む家では雛人形を飾り、菱餅やあられを食べる風習が今日でも続いているが地方によって四月三日(旧暦)に飾る地域もあります。あられも関東では甘く、関西では辛い食べ物となっています。
上巳の節供”とも言う。人々は手や足洗い、厄除けの祓いをした。後になって、此の日を流れる河の上に盃を流し、“曲水の宴”となり、又身代わりの人形を流す“流し雛”となる行事が行われるようになった。
曲水の宴とは、宮中や貴族家の庭に細い川を造り、その曲がる所の岸辺に並んで待つ。そこへ上流から盃に酒を注いで流し、自分の前を過ぎないうちに詩を作り、流れてきた盃を取り上げて飲むと言う文人たちの風流な遊びである。日本では、顕宗天皇元年(485)の三月上巳の日に初めて行われたという。此の行事は中国の古俗に基くものだが、戦国期、泰の昭王が三月上巳に、酒宴を河曲で開いた時、金人が泰の前途を祝して祝った為、後に泰の全国制覇後、此れを記念して曲水を行うようになったと言う。

流し雛とは上巳の前日、陰陽師の差し出した人形に女官が着物を着せて天皇の枕元に置き、翌日の巳の日、天皇が此れで身体をなでさらに息を吹きかけて、此の人形に災厄を託し、侍臣が受け取って河原へ行き、祓いをしたのち川へ流した。此の人形が人間のひながたで、後に単に“ひな”と呼ばれるようになった。【人間のひながた】人形を祀って災厄を祓うという風習が古くからあり、又人形を作って幼児が三歳になるまで身辺に置いて常に厄払いを祈り、万一の場合は、人形に身代わりをさせるという習慣も昔から行われており、此れが中国の上巳の行事と結びついて、日本独自の“ひなの節供”(ひな祭り)となったものである。

さて、子供の身代わりの人形は、いつも子供の身辺にあるので、自然と親しみが湧き、子供自身も弄ぶようになるし、親もかわいい子の身代わりとあって、着物を着せ御馳走をしてやるようになる。こうして雛遊びは迷信深い平安時代に起こり、室町時代には、中国の上巳の節供と結びついた。つまり、流し雛形と、子供のかわいがる人形と混同され、室町時代には、“座りびな”が生まれ、三月上巳の日に祝っていたのを、次第に三月に固定するようになった。江戸時代に至って、ひなは男が衣冠束帯、女は十二単という王朝風の姿となり、内裏雛として左右大臣、官女、五人囃子とこれまた稽古趣味ゆたかな雛祭りに発展して行ったわけである。
【Mitikusa007=池田輝雄(洲本市)】

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

鳥飼八幡宮秋の大祭0002

アメリカン・エキスプレス
プロフィール
池 田 輝 雄

mitikusa007

Author:mitikusa007
FC2ブログへようこそ!
一言:柳暗花明
Link:地球温暖化とコミュニティ
ID:mitikusa007

瓢箪から駒
【ワコール】夏のクリアランスセール開催!最旬ブラも今がおトク♪
伝統文化は親の躾
三越・伊勢丹オンラインストア
境寺のツツジ
ミキハウス
柳は緑、花は紅
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
雛祭り
DHCオンラインショップ
水仙と梅
格安航空券ena(イーナ)
七種の節供
我が家の伝統文化(御節料理)
アルク
淡路の手延素麺
【伊勢丹】<AHKAH> 2016 Chistmas
神無月の秋の大祭
英語を仕事にしませんか? 英語のお仕事応援キャンペーン
おくり名 天皇②
アルク 今日から英語が出来る6つのなるほどステップ
天皇
海外ブランド通販 AXES
『味地草』地域の法要事
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
国生み第四の変革期へ
鯉のぼり
高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL
浅野の原の若草 桜 サクラ
節供と暦の吉凶
モバコレ
大陰暦の二十四節気
【中古車のガリバー】スマホで愛車無料査定
家の神棚五社福の神招来に
海外格安航空券ena(イーナ)
年賀状
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
「日の丸」、「君が代」
高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL
日常の挨拶言葉
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
八幡宮の氏神
【中古車のガリバー】スマホで愛車無料査定
神輿を振り動かす
海外ブランド通販 AXES
お中元の由来
ファッション通販fifth(フィフス)
mitikusa16p
お中元と花火
ファッション通販モバコレ 限定スマホカバー
洲本城跡庭園(旧益習館庭園)
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』 ●125×125pix
道具として機能を持つ扇
放生会
枝垂梅
アルクのTOEIC(R)テスト 高速解答大作戦11/30(月)まで
五色ヶ丘中学校
小豆粥
【買取専門店】カメラ高く売れるドットコム
臘八会
2人で1万円以下の宿(じゃらん)
厳島神社 弁天祭り
冬至
JAL日本航空 先得
清々しい金色の花野
重陽の節句
GUNZE store(グンゼストア)
負担の掛かる墓地探し
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
土用の丑の日に鰻
ベルメゾンネット
蘭薫
端午の節句
YOOX.COM(ユークス)
多数の意味を持つ「三と百」の字
ベルメゾンネット
花咲爺さん
Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】
涅槃会
NEC Directキャンペーン
国家形成 第三十五 1から9の数字 数独
クロックス オンラインショップ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
3293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
408位
アクセスランキングを見る>>
浦島太郎伝説
GUNZE store(グンゼストア)
白馬の節句と七草がゆ
ニッセン
羽子板と駒
GUNZE store
鳥飼(五色町)という地名
亥の子  千光寺
ベルメゾンネット
カテゴリ
瀬戸内海国立公園  五色浜
クロックス オンラインショップ
日本人の原則
ビックカメラ.com
お盆袈裟の話
GUNZE online store(グンゼオンラインストア)
国家形成『古事記』1300年編集記念 其の三十四 神話伝説七夕
国家形成『古事記』1300年編集記念 其の三十三 日本の仏画・絵画
GUNZE online store(グンゼオンラインストア)
国家形成『古事記』1300年編集記念 其の三十ニ 平安の雅楽
MoMAstore
国家形成『古事記』1300年編集記念 其の三十一 日本の漢字化
theory (セオリー) 公式通販サイト
国家形成『古事記』1300年編集記念 其の三十 ふりがなの発明
国家形成『古事記』1300年編集記念 其の二十九 雛祭り
カテゴリ
国家形成『古事記』編集1300年其の二十八 自ら神になった天武天皇
クロックス オンラインショップ
国家形成『古事記』編集1300年其の二十七巳(い)は巳(み)である
国家形成『古事記』編集1300年国生み島賛歌 其の二十六
国家形成『古事記』編集1300年其の二十五
JAL 日本航空 特便割引
国家形成『古事記』編集1300年其の二十四 紫檀木画箱
花くらす*野菜くらす
国家形成『古事記』編集1300年其の二十三 磁器
国家形成『古事記』編集1300年其の二十二 時代の流れの文化
theory (セオリー) 公式通販サイト
国家形成『古事記』編集1300年其の二十一 竹籠編み
ベルメゾンネット
国家形成『古事記』編集1300年其の二十  扇子
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)
国家形成『古事記』編集1300年其の十九 華道
ベルメゾンネット
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の十八 茶道
ファッション通販モバコレ 限定スマホカバー
国家形成『古事記』1300年編集其の十七聖徳太子の自筆
花くらす*野菜くらす
国家形成『古事記』編集1300年其の十六 ひらがなの誕生
BRANDS for FRIENDS
国家形成『古事記』編集1300年其の十五仏教の最高位は釈迦如来 
12カ国語達人のバイリンガルマンガ
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の十四 弘法太子
ベルメゾンネット
国家形成『古事記』1300年編集 聖徳太子絵伝
GUNZE online store(グンゼオンラインストア)
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の十二
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の十一
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の十
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
月別アーカイブ
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の九
ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の八
花くらす*野菜くらす
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の七
NEC Direct(NECダイレクト)
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の六
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の五
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の四
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の参
ブルックス セレクトショップ【携帯向けサイト】(96*26)
RSSフィード
月別アーカイブ
国家形成『古事記』1300年編集の原点其の二
YOOX.COM(ユークス)
国家形成『古事記』編集1300年の原点に戻る
サイバーリンク
龍年の祈願に何思う…?
大丸
黒谷五斗長垣内遺跡
野島の海人族は何処だ…、
盆おどり
ブルックス セレクトショップ【携帯向けサイト】(96*26)

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

海人族の位置は何処だ
十七夜叶堂恋し
春日寺の傘踊り
花くらす*野菜くらす
賀集山 護国寺
GUNZE online store(グンゼオンラインストア)
夏の風流の盆踊り
花くらす*野菜くらす
慶野松原の夏踊りと歌
じゃらんnet
福良の鯛そうめん
ミキハウス
沼島の鱧でおもてなし…。
花しょうぶ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
3293位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
408位
アクセスランキングを見る>>
玉葱は健康に良い…。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

香りの島づくり
社日(シャニツァン)
ハピネット・オンライン
日本の和牛は淡路島が産地である。
テクテク歩くお巡礼さん。
淡路人形浄瑠璃
たたける、ひける♪音のでる楽しいえほん 「ピアノ」 と 「たいこ」 楽しい絵本がいっぱいです☆
洲本城
クロックス オンラインショップ
洲本城あのうの石積
石上神社の森
DHCオンラインショップ
高田屋嘉兵衛
花くらす*野菜くらす
日本の神さんについて、うめェ~やぎか?
タニタ からだカルテSHOP

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

くにうみの位置は何処だ…。
楽天トラベル株式会社【携帯向けサイト】
ブロとも申請フォーム
ニッセン

この人とブロともになる

最近のトラックバック
日本の和牛は淡路島が産地である。
JAL 日本航空 特便割引
玉葱は健康に良い…。
セブンネットショッピング
花しょうぶ、菖蒲園(アイリスガーデン)
GOLDWIN WEB STORE
紫陽花園
チケットぴあ
鳥飼八幡宮秋の大祭0004
オートバックスドットコム
鳥飼八幡宮秋祭り2009年
ビックカメラ.com
賀集山 護国寺
ウェルネスダイニング
鳥飼八幡宮秋の大祭
DHCオンラインショップ